中古トラック購入時のポイント

走行距離を見る

 
中古トラックを購入することになったら、
どのような点に注意しながら購入をすすめていったらよいのでしょうか。

 

購入する中古車でよく見てほしい点の一つが走行距離です。

 

走行距離はトラックの運転席のメーターを見ることで
今まで走行した総距離がわかるようになっています。

 

走行距離が長ければ長いほど、トラックを多く使っていたということになりますので
エンジンやその他内部の部品なども劣化も進んでいると考えられます。

 

中古車の販売価格を決める要因の一つが走行距離です。
走行距離が長い車はたとえ年式が高くても販売価格が安くなる傾向にありますが、
それは走行距離が多い車はそれだけ傷みが早いからです。

 

また走行距離は中古トラックを選ぶときに重要視するポイントになりますが、
必ずしもそれだけに固執してしまうと、良い中古トラックを購入できなくなってしまいます。

 

たとえ走行距離が短いトラックでもメンテナンスをしっかりと行っていないトラックもありますし、
逆に走行距離が長くてもメンテナンスをしっかりと行ってきたトラックもあるからです。

 

メンテナンスがしっかりやってきた車の方が走行距離が長くても、
中古車として優良だというケースもあるのです。

 

メンテナンスをしっかりやっていたどうかは、トラックのボディや内部を見てみるとわかります。
走行距離が長いわりに中やボディが汚れていないトラックは
それだけしっかりとメンテナンスをしてきたということがわかります。

 

逆に中も汚れていて、ボディも傷だらけという車は
メンテナンスをあまりやってこなかったことがうかがえます。

 

年式もチェックする

中古トラックを購入するときに、年式も確認しておくようにしましょう。

 

年式とは車が初年度登録されてから経過している年月のことです。

 

年式が古いと走行距離にかかわらず
それだけ部品やエンジン等が劣化している可能性も考えられます。

 

車はたくさん乗っても劣化するのですが、走行距離が短くても劣化はすすみます。
年式の古さと走行距離を両方確認した上で車自体を確認するようにしましょう。

 

年式が古く走行距離もかなりある車に関しては、相当な劣化が進んでいると考えられます。

 

そのような中古車は販売価格もかなり安くなっていると思いますが、
購入してすぐに不具合が出てきたり、故障する可能性が高いのです。

 

その結果故障修理に多くの費用がかかってしまったり、
場合によってはすぐに買い替える必要が出てきたりと、損をする可能性も十分あり得ますので
価格の安さだけにとらわれないようにその後の事もしっかりと考えて車を選ぶようにしましょう。

 

また車によってはリコールの対象となっている車もあるのですが、
オーナーがリコール修理を行っていない場合もあります。

 

中古車販売業者もそれに気が付かない状態で販売しているケースも少なくありません。

 

購入してからリコール修理に出すと
それだけトラックを使えない期間が出てきてしまいますので、
自分で事前に調べておきましょう。

 

リコールの情報は年式や車種がわかればインターネットにて調べることができますので
自分で調べてみましょう。

 

もしもリコール対象だった場合は中古車販売業者に相談してみます。

 

 

更新履歴